保険の概要

輸出製品に起因して第三者に対する身体障害事故または財物損壊事故が発生した場合に、被保険者が法律上の賠償責任を負担することによって被る損害を保険金としてお支払いします。引受保険会社は弁護士の選定や訴訟対応、示談代行等 のサポートも行います。

ここがおすすめ

おすすめ1

広い保険適用地域

日本を除く、全世界が保険適用地域

おすすめ2

争訟費用も補償

損害賠償金のほか、争訟費用も補償

おすすめ3

解決まで保険会社がサポート

訴訟トラブルに巻き込まれた際、保険会社が代わって解決までの対応をサポート

おすすめ4

間接的に輸出された製品、旅行客等によって国外に持ち出された製品による事故も対象

取引先から間接的に輸出された製品、外国人旅行客等によって日本国外に持ち出された製品に起因する事故も補償

おすすめ5

リコール費用も補償

生産物回収費用(リコール費用)も補償

事故例

製品 事故内容 損害額
事故例 ガレージドアのイメージガレージドア ドアの降下が妨害された場合に自動的にドアが上昇する装置が稼働せず、ドアの下敷きになって死亡した子供の家族に対して、メーカーの責任が認められた。 2億2,778万円
事故例 温水器のイメージ温水器 温水器のサーモスタットコントロール用ノブの欠陥により燃料のプロパンガスが爆発し、子供1人が死亡、家族4人が火傷を負った事故で、メーカーとガスの卸売業者の責任が認められた。 3億3,462万円

※円表示は1US$=100円で換算しています。

付帯サービス例

(引受保険会社名は五十音順)

PL予防体制診断サービス
●アンケート式チェックリストにより、完成品や部品などの製品を海外に輸出したり、海外現地で製品を生産したりしている企業の経営に重大な影響を及ぼす可能性のあるPLリスクへの対応体制の現状を診断します。
[引受保険会社] 損保ジャパン日本興亜
海外リスクに関する各種情報提供
●最新の海外リスク、今後のリスク傾向、必要な対策等の情報を入手できます。
[引受保険会社] 損保ジャパン日本興亜、東京海上日動

PLとは

製品の欠陥によって、その消費者となる第三者が、体の障害または財物の損壊を被った場合、その製品の製造・販売に関与した事業者が、被害者に対して法律上の損害賠償責任を負います。これをPL (Product Liability=製造物責任)といいます。

※補償の内容、対象業種は引受保険会社によって異なります。
※事故例は過去に実際に発生した例とは限りません。

パンフレット

お問い合わせ

損害保険ジャパン日本興亜株式会社
※ 店舗の住所を検索できます。
東京海上日動火災保険株式会社
※ 店舗の住所を検索できます。
三井住友海上火災保険株式会社
※ 店舗の住所を検索できます。